人気ブログランキング |

アトリエルーツ06(茨城大学美術科の卒業生を中心に立ち上げられたアトリエ)に関する情報ブログです。
by r06-gallery
Roots-06 メンバー
最新のコメント
おー,水戸一中!母校です..
by et-kato at 21:33
いつもお世話になっており..
by 葛迫 at 22:53
3月30日(月)に伺いま..
by 北沢努 at 16:48
今年も大変お世話になりま..
by クズサコ at 21:38
同感です。二人ともタブロ..
by 北沢努 at 13:07
確かにそうでしたね。展示..
by 北沢努 at 13:04
作品は昨年より数段良かっ..
by 北沢努 at 12:59
18日に伺う予定です。
by 北沢努 at 10:01
昨日見てきました。二上さ..
by 北沢努 at 09:57
24日に伺う予定です。感..
by 北沢努 at 14:29
以前の記事
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
カテゴリ
全体
イベント
略歴
asano
sako
atsuko
sayuri
masayo
kozo
john
non
yamamoto
fukaya
asami
works
コラム
未分類
フォロー中のブログ
ASANO NOBUHARU
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
大好きな場所。
from 猫になりたい犬
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ゴールデンウィーク
d0134853_13364488.jpg

5連休は土なかま彫塑展もあり、毎日何かしら用事はあるのですが、ちょっとした時間を見つけては制作をする感じです。今は数年ぶりに木彫をしています。鉄に比べて造形は早く自由に進めることはできますが、体感的な相性は、実はあんまりよくないのかもなーと感じています。木は優しすぎる女の人みたいで、何故かこちらは逆に優しくすることのできない男のような心持ちになるからです。鉄の方が、向こうの求めを尋ねたり、こちらの要求を飲んでもらったり、双方の快楽が一致したり・・という感覚は持ち続けられていたんだなと知ることができました。そういう意味では、違う素材を扱うことはすごくいいことなのかもしれませんが。
それにしても、やはり木をボリボリ彫るのは楽しくて、あからさまに形が出てきたりすると心がとても充実します。最近、気がついたことですが、私は通常(怒り狂っているときを除いた状態。怒っているときは、しんどいけど明確だから爽やか)かなり自分に対して猜疑心が強く、存在に嫌らしさを感じているので、手をかけた作品がだんだんよくなってきたりすると、そこでどうやら自己肯定をちょっとできる・・という理由も制作をする訳の中では案外大きいのかもしれません。勿論、発表したりしているのだから、それだけではないのですが。
今回の土なかまの展示を見て頂いた人から、感想をいただいたり、自分で展示について考える中で、自分の展示に関する問題点をとうとう直視しました。来年のことを言うと鬼に笑われますが、制作が続けられていれば、来年は今までとは違った形で土なかまに挑もう!と心に決めました。展覧会をして、言葉をもらえることって、本当に大切なことですね。ありがたい。そして企画・運営を一手に行ってくださっている北沢さん、本当にありがとうございます。
今日はうちのおばあちゃんの誕生日なので、そろそろお祝いにいこうと思います☆火祭りの笠間、うまく抜けられるかな。ちなみに、明日はアトリエ代表浅野さんの誕生会です!楽しみ楽しみ☆
by r06-gallery | 2010-05-03 13:36 | イベント | Comments(2)
Commented by 北沢努 at 2010-05-11 14:52 x
土なかまお疲れ様でした。連休効果もあり入場多かったですね。しかも全体的に好評でした。私は相川さんをはじめメンバーの皆様に制作に集中していただくために事務局をやっております。力作の出品ありがとうございました。木彫作品も楽しみです。ちょっとした時間が貴重なのです。朝早く起きて5分だけ制作とかしています。貴重な5分で良い作品になったりします。制作できない時間は構想だけでもかなり有効です。あせらずにいきましょう。
Commented by 相川 at 2010-05-20 15:52 x
本当にお世話になりました。ずっと制作を続けていらっしゃる北沢さんに、お言葉を頂けると、自分の遅々とした制作にも少しだけ勇気を持つことができます。焦らず、過信せず、続けられるところまでいけたらいいなあ。
<< 土なかま彫塑展を終えて〈葛迫〉 「春になれば」と木箱作り(山本) >>