アトリエルーツ06(茨城大学美術科の卒業生を中心に立ち上げられたアトリエ)に関する情報ブログです。
by r06-gallery
Roots-06 メンバー
最新のコメント
おー,水戸一中!母校です..
by et-kato at 21:33
いつもお世話になっており..
by 葛迫 at 22:53
3月30日(月)に伺いま..
by 北沢努 at 16:48
今年も大変お世話になりま..
by クズサコ at 21:38
同感です。二人ともタブロ..
by 北沢努 at 13:07
確かにそうでしたね。展示..
by 北沢努 at 13:04
作品は昨年より数段良かっ..
by 北沢努 at 12:59
18日に伺う予定です。
by 北沢努 at 10:01
昨日見てきました。二上さ..
by 北沢努 at 09:57
24日に伺う予定です。感..
by 北沢努 at 14:29
以前の記事
2018年 11月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 05月
2017年 03月
more...
カテゴリ
全体
イベント
略歴
asano
sako
atsuko
sayuri
masayo
kozo
john
non
yamamoto
fukaya
asami
works
コラム
未分類
フォロー中のブログ
ASANO NOBUHARU
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
大好きな場所。
from 猫になりたい犬
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鉄板など
今日は新作を作るための鉄板を取りに、茂木に借りている倉庫に行ってきました。数年前、アートワークスの社長さんに頂いた鉄板・・とうとう使わせて頂く日がやってきました。本当にありがとうございます!上には石膏ボード、パソコン、ロッカー等乗っているので、生江ちゃんにお手伝いをお願いして。茂木は雨が降るか降らないかの空模様。少し急ぎ気味で鉄板上に乗っている荷物を動かしていると、生江ちゃんが「なにこれー!」と声をあげました。彼女の指がさしている先には、全長7〜8ミリの小さな不思議な生き物がいました。形はリュウキンといういわゆる金魚にそっくりで、尾びれに当たるところが、フワフワの毛。腹の部分の下の方に小さな足らしきものがついていて、ヨチヨチ歩く姿がめちゃめちゃ可愛い。2人して大興奮しながら、暫しマボロシの生物にカメラをむけて追い回しました。しかし、何枚撮っても上手く写りません。さすがマボロシ・・ そんな中、空模様はどんどん進行して、遠からずなところから雷鳴がしたところで、ハッとしな
がらまたせっせと最下層に向けて発掘開始です。
漸く出てきた鉄板は綺麗な色に錆びていて、感動。しかし休んでいる余裕はなさそうな天気なので、また今度は荷物を戻します。小柄な生江ちゃんですが、さすがの動きでてきぱきキレイに積んでくれます。ブルーシートをかけおえて、ゴミをはいて、水を流して作業は完了☆マボロシを追いかけ回したりしていたので、結局三時間半位かかりました。汗と埃でドロドロですが、なんだか晴れやか。帰り道、いい村、という和菓子やさん に寄ります。ここには、小豆よせ、という水羊羹が売っていてこれが本当に美味しい。(私の好きな食べ物ランキング上位3位までには絶対入る。もう1位でもいいや)それから、お嫁さんが作っているビーズアクセサリーが超可愛いのです。運よくお店にはお嫁さんがいたので、いかにこのビーズアクセサリーが熱烈に好きかを伝えると(私のブレスレットは既につけすぎて、糸が切れて崩壊しかかっているので一目瞭然です)お嫁さんは、本当に壊れちゃったら、今度は腕に合わせてあみなおしてくれるとニッコリ。
そして「嬉しさのあまり打ち間違えちゃいました!」とレシートを間違えたままくれました。何故か一円多い。打ち直すこともなく、なかなかザックバランです。私はまたビーズアクセサリーを買いたくて選んでいると、生江ちゃんがあんみつやら、饅頭やらかなり大量にご購入されていました。いやー来た甲斐がありました。いい村、最高☆ちなみに小豆よせは半解凍な状態が一番美味しいと思います。水曜日は休みだそうです。
山道を下りながら、気になる看板のことに話題が。時代が求めている美術館ーO美術館。どうやら彫刻もあるそうなので、この機会に寄ってみよう!ということになりました。美術館は田んぼ道の先の森の中に。ゲート前までたどり着くと、今日は臨時休館でした。かなり不思議な雰囲気でした。三十路を前に、夏休みの冒険気分です。さらにテンションがあがり、ブランキージェットシティをかけながら、山道を暴走ぎみにかけおりました。
アトリエに荷物や鉄板を下ろし、御飯を食べに四季紅、という中華料理やさんに。美味しく量が多いとの前評判でしたが、昼御飯も食べず結構な労働をした私たちは、まさか食べきれるだろうと自信まんまんでした。しかし、結果は半分も食べきれないうちに、ギブアップ。本当に量が多いのです。でもすごく美味しいので、パックをもらい詰めました。しかも今度皆集まる日に合わせて、オードブルを予約する勢いです。定食も食べきれず、満腹のあまり姿勢もろくろく変えられないくせに巨大オードブルを注文する私たちに、多少怪訝そうな顔をしながらも、お姉さんは手作り飾りのようなものをくれました。とっても可愛くて嬉しがる私たちでしたが、ちょっとした疑問が。「これは子ども用では・・」 ということで本当に楽しかったなー 生江ちゃん、本当にありがとう!!
[PR]
by r06-gallery | 2010-08-03 05:13 | イベント | Comments(0)
<< マボロシと中華 1日 >>