人気ブログランキング |

アトリエルーツ06(茨城大学美術科の卒業生を中心に立ち上げられたアトリエ)に関する情報ブログです。
by r06-gallery


「柔らかな泥の眠り」ー「ちんこ」もしくは「おじさん」
先週末に、二年前の初夏に彫った木彫を、高校からの友人に送りました。その木彫は一彫、一彫に魂を込める・・ということだけは完追したものの、木目に翻弄されたり、イマイチ自分でも訳のわからないもので、どうしようもなく、ずっと不遇な感じで作業場の隅っこにあったのでした。それが、ひょんな弾みで友人の目にとまり、今は家族の一人のようにしてもらっているようです。(以下、もらったメール)まどかは、彫刻様を見るなり、何故か大爆笑でした(笑)近付くのを最初は怖がりましたが、自分から恐る恐る触りに行き、その後はやたら気に入りペタペタと触れまくっていました。今も彫刻を意識してチラチラと視線を向けながら爆笑したりニヤニヤしたりしています。「あれ何?」と聞くと「チンコ!」と断言していました。そして数分ごとに「ちょっと見てや!」と私に彫刻様を見るよう促し、大爆笑しています。いやあ、芸術が分かるんですなあ!!もう最高に嬉しいです!!尼がいるみたい!!

友人の娘さんが、作品に手を置いている写真を見たとき、彫刻で、よかった・・と心底思いました。 そういう関わり方でダイレクトに感じてもらえるー表現でありながら、実在としての側面が強いこと。
しかし、ずっと自分でも分からなかった、この作品は一体なんなのだろうか(具体的なものでも、抽象的なものでも)という問いに、サクッと、ある明解な解答があり、それが「ちんこ」であり「おじさん」だったりしたことが、妙に面白かった。それでいい気がするし。そして、誠実なだけが取り柄で、不遇な存在だった作品が、今はまどかちゃんの近くでちょっと照れたように、嬉しそうにしていたり、一緒にお布団の横で眠ったり、「おじさん、おる?」と聞かれたりしていると思うと、ともかく途中で放り出さずに、仕上げてよかったと思う次第です。
「柔らかな泥の眠り」ー「ちんこ」もしくは「おじさん」_d0134853_1093170.jpg
「柔らかな泥の眠り」ー「ちんこ」もしくは「おじさん」_d0134853_1012561.jpg

by r06-gallery | 2012-04-14 10:13 | sayuri
<< 芸大・茨大・筑波大卒業修了制作... 久しぶりの新作 >>