アトリエルーツ06(茨城大学美術科の卒業生を中心に立ち上げられたアトリエ)に関する情報ブログです。
by r06-gallery
Roots-06 メンバー
最新のコメント
おー,水戸一中!母校です..
by et-kato at 21:33
いつもお世話になっており..
by 葛迫 at 22:53
3月30日(月)に伺いま..
by 北沢努 at 16:48
今年も大変お世話になりま..
by クズサコ at 21:38
同感です。二人ともタブロ..
by 北沢努 at 13:07
確かにそうでしたね。展示..
by 北沢努 at 13:04
作品は昨年より数段良かっ..
by 北沢努 at 12:59
18日に伺う予定です。
by 北沢努 at 10:01
昨日見てきました。二上さ..
by 北沢努 at 09:57
24日に伺う予定です。感..
by 北沢努 at 14:29
以前の記事
2018年 11月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 05月
2017年 03月
more...
カテゴリ
全体
イベント
略歴
asano
sako
atsuko
sayuri
masayo
kozo
john
non
yamamoto
fukaya
asami
works
コラム
未分類
フォロー中のブログ
ASANO NOBUHARU
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
大好きな場所。
from 猫になりたい犬
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Re:ゼミ展第2期 ミニコラム
d0134853_071659.jpg

 あっという間に折り返しとなりましたRe:ゼミ展。今回は第2期の感想を投稿いたします。
 今回の展示の印象は静寂という言葉が最初に思い浮かぶほど落ち着いた雰囲気に満ちていました。萩谷さんと富田さん双方の作品が織り交ぜながら展示されていましたが、それぞれの世界観が互いに邪魔することなく調和しておりうまいバランスで成り立っているように感じました。
 萩谷さんの作品は黄昏時のような夜明け前のような光で風景が描かれており、ペンギンやキリンなど動物園で見かけるような動物が密集している作品が特徴的でした。特に雪の積もる森にたくさんの狐が描かれている作品は日常のように見えてどこか非日常性が感じられマグリットの作品を連想させるような展示になっておりました。
 富田さんは、ウサギのぬいぐるみがどの作品にも共通して描かれており、作品ごとに描かれているものは異なっていても、世界観が地続きになっているような印象を受けました。筆者の思い込みもあるとは思いますが、作品に描かれているウサギのサイズがほぼ同じ大きさのため、ただ可愛いというよりもどこか不穏な感じをまとっているように思いました。

d0134853_0322214.jpg

d0134853_0323585.jpg
d0134853_0325135.jpg
d0134853_03337.jpg

[PR]
by r06-gallery | 2014-09-22 00:33 | コラム | Comments(1)
Commented by 北沢努 at 2014-09-29 13:07 x
同感です。二人ともタブロー(完成した絵画)として良いと思います。
<< Re:ゼミ展 第四期 のお知らせ Re:ゼミ展第三期のお知らせ >>