アトリエルーツ06(茨城大学美術科の卒業生を中心に立ち上げられたアトリエ)に関する情報ブログです。
by r06-gallery
Roots-06 メンバー
最新のコメント
おー,水戸一中!母校です..
by et-kato at 21:33
いつもお世話になっており..
by 葛迫 at 22:53
3月30日(月)に伺いま..
by 北沢努 at 16:48
今年も大変お世話になりま..
by クズサコ at 21:38
同感です。二人ともタブロ..
by 北沢努 at 13:07
確かにそうでしたね。展示..
by 北沢努 at 13:04
作品は昨年より数段良かっ..
by 北沢努 at 12:59
18日に伺う予定です。
by 北沢努 at 10:01
昨日見てきました。二上さ..
by 北沢努 at 09:57
24日に伺う予定です。感..
by 北沢努 at 14:29
以前の記事
2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
more...
カテゴリ
全体
イベント
略歴
asano
sako
atsuko
sayuri
masayo
kozo
john
non
yamamoto
fukaya
asami
works
コラム
未分類
フォロー中のブログ
ASANO NOBUHARU
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
大好きな場所。
from 猫になりたい犬
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さこ散歩(コラム)

 

d0134853_23460633.jpg
コラムの更新がアレになってきましたが、筆者のスケジュールの充実と比例しているので生暖かい目で見ていただければ幸いです。

今回のコラムは、東海ステーションギャラリーの茨城大学・筑波大学・東京芸術大学選抜展についてです。毎年拝見させていただいていますが、毎年見ていていろいろな作品が選ばれており表現の奥深さや若手の作家さんたちの姿を見ることができいつも新鮮な気持ちになります。

本題に入りますが、今年はギャラリートークも聞くことができました。さらに、トーク後に何人かの作家さんたちと直接話ができたのでその方たちに聞いたことを取り入れつつまとめてみます。

近藤さん

 2Mを超える大型の木彫を2点展示していました。卒業制作展のコラムでも触れましたが、滑らかに表面が仕上がっていたのでそのことを聞いてみると、なんと紙やすりを使って手で磨いたということで、最後まで手仕事であり作業量も膨大な作品であることを知ることができました。

瀬能さん

 写真の作品を展示しており、様々なシーンやモチーフが写し出されていましたが、一番印象的だったのは白い空間にいくらを撮影した作品が目を引きました。独特な白い空間は白いお皿が背景であり、照明は自然光で光を探りながら撮影されたものでした。それを受けて作品全体の雰囲気も瞬間をよく観察し切り取った切れ味を感じさせるもので作家の観察力の高さが表れていたと思います。

中村さん
 植物をモチーフにした切り絵の作品が展示されていました。作品は紙の白と照明による影のグラデーションのみでシンプルで植物の形が浮きあがって見えるものでモチーフに合わせて形を切り取るか抜きとるか使い分けていました。解説を聞くと、作品の木枠まで手作りであり、形の切り方はデッサンの中で決定していっているとのことでした。さらに独特な影の映りは額のアクリルやガラスの厚さを何度も試行を重ねており、会場ごとの照明に合わせて工夫しており繊細な作業の裏付けによるものであることがわかりました。

話はきけませんでしたが、会場の天井いっぱいまで高さがあり圧巻ともいえるサイズとマチエールの凹凸によりレリーフのようにも見える量感のある日本画の作品、乾漆によるシマウマと人物の対話を感じさせる空間をたたえた彫刻作品、木版やシルクスクリーンなど技法や色彩の対比を魅せた版画作品、等々力作の集った展示となっていました。来年はどのような作品が選ばれるのか楽しみです。


[PR]
by r06-gallery | 2015-05-29 23:46 | コラム | Comments(0)
<< お知らせ グループ展のお知らせ >>