アトリエルーツ06(茨城大学美術科の卒業生を中心に立ち上げられたアトリエ)に関する情報ブログです。
by r06-gallery
Roots-06 メンバー
最新のコメント
おー,水戸一中!母校です..
by et-kato at 21:33
いつもお世話になっており..
by 葛迫 at 22:53
3月30日(月)に伺いま..
by 北沢努 at 16:48
今年も大変お世話になりま..
by クズサコ at 21:38
同感です。二人ともタブロ..
by 北沢努 at 13:07
確かにそうでしたね。展示..
by 北沢努 at 13:04
作品は昨年より数段良かっ..
by 北沢努 at 12:59
18日に伺う予定です。
by 北沢努 at 10:01
昨日見てきました。二上さ..
by 北沢努 at 09:57
24日に伺う予定です。感..
by 北沢努 at 14:29
以前の記事
2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
more...
カテゴリ
全体
イベント
略歴
asano
sako
atsuko
sayuri
masayo
kozo
john
non
yamamoto
fukaya
asami
works
コラム
未分類
フォロー中のブログ
ASANO NOBUHARU
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
大好きな場所。
from 猫になりたい犬
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:asano( 150 )
お知らせ
ちょこちょこと運んでいたアトリエの荷物もやっと昨日で最後を迎えました。
d0134853_2152535.jpg

アトリエを立ち上げた当初は、まさかこの場所で10年もの時間を過ごすことになるとは想像もしませんでした。

2、3年したら後輩に任せて、また違うアトリエでも探そうと思っていたのです。

10年分の荷物は、5年過ごした大学や、2年過ごした大学院をはるかに凌ぐ荷物の量で、本当にこの荷物を運びだせるのか、と思ったのですが、期限ギリギリの昨日でどうにか運び出すことができました。

とにかく荷物をどうにかしなければ、とばかり考えて過ごしてきたので、最後の荷物を車に入れた後にやっと「あぁ、この場所で作品を作ることは、もうないのだ」と突然寂しい気持ちに襲われたりもしました。

アトリエの名前を決める際,みんなのルーツになるような場所にしたいね,という思いを込めて「Roots-06」と名前を付けたわけですが,10年も過ごしてしまえば,あの場所が自分のルーツではないなんて絶対に言えない状況になってしまっています。

震災の後,初めてアトリエに行き中を見た時に「こりゃあダメだ」と思ったのですが,そこから奇跡的に復活することができました。
でも,その日から僕は「このアトリエをどう終わらせるか」ということばかり考えて来たように思います。
アトリエを立ち上げた責任として,終わらせる責任をずっと感じてきたのです。
 
しかし,僕にはアトリエを終わらせる役割は与えられませんでした,幸運にも。
 
僕がアトリエを去る月に1階の作業場を使ってくれる新しいメンバーが入ってくれたことは,とても象徴的だな,と思います。
「終わらせ方」ばかりを考え続けてきた人間のいる場所に,人は集まって来ない。
葛迫君が新しいリーダーになってくれたからこそ,そこに新芽が芽吹くのだと思います。

この10年間様々な方々に支えられて,アトリエRoots-06で制作に励むことができました。
ありがとうございました。
またアトリエを舞台に行われた様々な僕の馬鹿馬鹿しい企画に参加してくれてありがとうございました。
 
明日からのRoots-06は,また違う色を持つ場所に、新しいリーダーのもと変化していくことでしょう。
好きなように好きな色に変えていって欲しいと思います。

d0134853_21523340.jpg



僕の彫刻制作を支えてくれた場所に、こころからの感謝を。


浅野暢晴
[PR]
by r06-gallery | 2015-05-31 22:00 | asano | Comments(0)
アトリエコラム終了のお知らせ<浅野>
自分のブログが出来てからというもの、アトリエのブログへの書き込みをサボっている浅野です。
というか、自分のブログも夏から更新してないのですが。

皆様に残念なお知らせがあります。
好評を頂いておりました葛迫さんによるアトリエコラムですが、2013年12月をもちまして終了することになりました。
密かなファンもいた様ですが、葛迫さん本人から、「もう『アトリエと〇〇』というお題では書くことが出来ません、、、」と悲痛な訴えがありましたので、泣く泣く了承した次第であります。

力の入った力作コラムが生み出された、と思ったら、翌月は手抜き、浅野からのダメ出しを受けて、力作コラムを書き、翌月は手抜き、という「一力一抜」ペースで頑張って来た葛迫君に感謝と、もとも論文で卒業した人間なんだし文章書くくらい頑張れや、という激励を持ちまして、私の残念なお知らせとかえさせて頂きます。


そして、来月から今月から(訂正します!)は、新企画が始まります。
題して「葛迫大祐の『さこさこ散歩』」です。
これは、葛迫さんがその月に行った印象深い展覧会について熱い思いを綴ったり、行った美術館(ギャラリー)周辺の情景を情感たっぷりに書き上げるハートフルコラムとなっております。
さて、どんな内容になるのやら、皆様期待のハードルを上げるだけ上げてお待ち下さい。

さこさこ散歩、お楽しみに!
[PR]
by r06-gallery | 2014-02-08 22:11 | asano | Comments(0)
丸7年、そして、8年目へ<浅野>
7年前の5月1日、このアトリエが立ち上がりました。
それまでの1ヶ月間は毎日アトリエの掃除をしていました。
毎日、毎日、掃除。
そして、やっとアトリエが使える様になったのが5月1日だったのです。

それから丸7年。
ここまで続けるつもりも、予定もなかったのですが、気がつけば、ここまで続いてしまいました。

そして、3月の地震。
地震でグシャグシャになったアトリエを見たときは、正直「新しいアトリエを探すしかないかな」と思いました。
そして、立ち上げる前のアトリエの様子を思い出しました。

3月下旬はとにかく毎日、掃除、掃除。
7年間溜まったゴミを捨てました。
なんだか、アトリエが新陳代謝をした様な感じすらしました。

そして、
8年目に突入します。
d0134853_21505984.jpg

今後とも、アトリエRootsをよろしくお願いします。
[PR]
by r06-gallery | 2011-05-01 22:06 | asano | Comments(1)
新しい日々<浅野>
一昨日、遅れに遅れてアトリエ会議を行いました。
引っ越しの準備の忙しかった山本さんは来られなかったのですが、皆の元気な顔が見られて安心しました。
ここ何日か皆でアトリエの片付けを頑張ったおかげでなんとか作業が出来るところまでアトリエも復旧してきました。
正直、震災後すぐのアトリエを見た時には「もう駄目かな」と思ってしまったのですが、倒れてしまった棚を直し、落ちた作品を拾い、壊れてしまった物を捨てて、一つひとつ直していくうちに、懐かしいアトリエの表情が戻って来て「大丈夫かもしれない」と思える様になりました。
そして、その場所に皆で集まって、ちょっと馬鹿みたいな話をしたり、地震にあった時のことなんかを話したりしていて、自分にはこういう場所があった、って事がやはりとても重要だったのだな、と思ったりしたのです。
もし、一人で制作していたとしたら、こうして作業場を立て直す様な力が湧いてきたかな、、、と思ったりします。
きっと、荒れたままのアトリエを眺めていたんじゃないかな、と。

話はかわって、昨日は、山本さんが帰郷しました。
山本さんの実家は熊本なので、アトリエからは抜ける事になります。
まだ山本さんの道具や作品は残っているので、抜けた、という感覚は薄かったりします。
旅立つ前にアトリエに来てくれました。
d0134853_14134853.jpg

山本さんと相川さんは去年の今頃、銀座のギャラリーソルで二人展をしていて、まさか次の年に帰郷するなんて考えもしませんでした。
その二人展を経て、二人の中には、アトリエメンバーとしてだけではなく、重要な結びつきが出来たんだな、と泣きながら握手をする二人を見て思ったりしました。

そんな相川さんも結婚を機に鎌倉のの方に引っ越すことになりました。
これで、アトリエを立ち上げた6人のうちで、とうとう僕だけがアトリエに残ることになるのか、、、と、思ったのですが、

鎌倉に引っ越しても、相川さんはアトリエを辞めないそうです(笑)
d0134853_1421235.jpg

鎌倉から通って彫刻を作りに来る、とのこと。
さすがだなぁ。

と、まぁ、また新しい時代へとアトリエも漕ぎ出していくような気配です。

頑張ろう、頑張ろう。
[PR]
by r06-gallery | 2011-03-29 14:21 | asano | Comments(0)
ミューズ現る<浅野>
今日は、アトリエに妊婦が降臨されました。
旦那の泰ちゃんと共に。
d0134853_22435393.jpg

はい、ポーズ。
d0134853_22443727.jpg

だいぶ大きくなったね~
d0134853_22451376.jpg

下らない話をしてゲラゲラ笑い、アトリエのミューズは筑波に帰って行きました。

頑張って元気なお子を産むのだよー、とアトリエ一同、爺婆の様な心持ちになりながらミューズを見送ったのでした。
[PR]
by r06-gallery | 2010-01-24 22:48 | asano | Comments(2)
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。

2010年もアトリエ・ROOTS-06をよろしくお願いします。

というわけで、今年も新年会です。
毎年のごとく、凧をあげ、昼間からダラダラと酒を飲みます。
d0134853_20172730.jpg

ウダウダとしていると、宅急便が。
送り主は、金田君。
開けてみると・・・
d0134853_2063021.jpg

ふぐです。
しかも、一杯。
前にした約束をしっかりと覚えていたんですね。
美味しく頂きました。
ちなみに金田君は、自分のHPを作ったようです。
OZOK

今年のだしものはクイズ大会。
d0134853_20124150.jpg
d0134853_20125140.jpg
d0134853_2013133.jpg

d0134853_20175266.jpg


予想以上に盛り上がって、良い新年会になりました。
楽しかったなぁ~
来てくれた皆さん、ありがとうございました。

今年もアトリエ、盛り上がっていきたいと思います。
よろしくお願いします。
[PR]
by r06-gallery | 2010-01-05 20:25 | asano | Comments(0)
チラシ<浅野>
スペースAFAのチラシが出来たようです。
d0134853_23471865.jpg
d0134853_23472855.jpg

寺門君デザインだそうです、良い感じ。

アトリエでは、ある方々がDMの相談中。
印刷した写真を切り貼りしてました・・・なんたるアナログっぷり・・・寺ちゃんとは偉い違いだ。

そして、会沢さんは、無事作品を搬入しました。
アトリエ泊まりがけで・・・頑張ったね。

展覧会は、15日からです。
よろしくお願いします。
[PR]
by r06-gallery | 2009-12-13 23:51 | asano | Comments(1)
金田
上京、、、いや、上玉した金田君は、埼玉で頑張ってるみたいです。

OZOK
まだ少し、近所の道も迷います。
うちの和式のトイレには慣れてきました。
寝巻きのままゴミ捨てにいったとき、冬はやっぱりどこも寒いんだなーとなんとなく思いました。

新しい場所で、日々、なんとかかんとかやっております。


でも、不況はこんなところにも影響が・・・

入れていただけそうだったスタジオから、仕事が少なくなってきているということで一時スタッフの採用をとりやめることになったと連絡がありました。
返事を待っている状態というのは精神的にそんなにいいものではなかったので、すこしすっきりしました。
まあそれはいわゆる強がりのようなものですが、もっと自分には良い場所があるということだろうと考え、次に動きます。というか動いています。

何もないことは苦しいですが、それはとても幸せなことなんだとも思います。

というか何もないことはないですね。人がいます。ありがたい。


そんな金田くんの近影でしょうか。

Repetition
ちょっと場外馬券場付近にいるおじさんにも見えなくもないですが(笑)
[PR]
by r06-gallery | 2009-11-23 10:54 | asano | Comments(0)
アトリエ会議<浅野>
今日は、久々のアトリエ会議でした。

といっても、今回はそんなに議題もなく1時間程度で終了しました。
その後は、ゴチャゴチャとみんなでそれぞれの話をしたり、ピザをとって食べたりしました。

同じアトリエを共有しつつも、それぞれの都合でアトリエに来ているので、すれ違ってしまい、会わなかったりする事があるのです。
しかし、会議と称して顔を合わせて話し合う事で、色々と埋める事が出来るので重要だな~と思ったりします。

そうそう、今日は寺門君にキワマリ荘のカギを渡しました。
これで一区切りだな、と思いました。

ちなみにSpace AFAの開始は1月に延期になったようです。

お知らせ

1月9日から始まるようですよ。

寺門君からSLUMのおもしろ話を色々と聞けました。
あの建物の中であんなものをあんな場所につけて、あんな事をしてあんな事になってしまったとは驚きです。
気を付けよう~ね~。

と、ブログの話が会議で出て、慌てて更新してみた次第でした。
[PR]
by r06-gallery | 2009-11-23 04:29 | asano | Comments(0)
Space AFA<浅野>
キワマリ荘内旧Roots galleryのスペースについてお知らせします。

もう知ってるよ、って方もいるかもしれませんが、あのスペースはギャラリーでも展示を行った事のある寺門陽平君に引き継いでもらう事になりました。
Roots galleryをおしまいにしようと考えた時、僕の頭に真っ先に浮かんだのが寺門君でした。
すぐに会い、今回の話をしましたが、「すぐに返事は出来ません・・・」との事。
しかし、色々とあの場所の事を話していく中で、寺門君の意識が変わって来たようです。

「やってみたいです。」

話を持ちかけたその日に、寺門君は決断してくれました。
すげえよ、あんた。

新しいスペースの名前は、
Space AFA
です。

新しいブログも出来ました。
Space AFA ブログ

ブログに書かれた寺門君の所信表明演説。
みなさんこんにちは。私は寺門陽平と申します。
普段は大学にかよっています。またSLUMという共同アトリエを友達と立ち上げ、作家活動をしたりしています。
そんな僕が これからキワマリ荘のSpaceの運営をしていくことになります。
Rootsの浅野さんから突然お話を頂いた時は驚きましたが、
僕自身とてもお世話になった場所でもあるので、
大げさかもしれないですが決意をもって受け継ぐことに決めた次第です。
そして Roots galleryを改めまして、Space AFA としてRenewal open!をいたします。

2009.12.5[sat] New open! と同時に展覧会を開催いたします。
記念すべき初回は 僕です。   また後ほど詳しい情報は正確に決定次第このブログにUPしていきます。


この展示スペースは、とても大きいとは言えなくて、むしろ狭い、だけどここに展示した時、僕にとってはあんまり広さのことは気にならなかった。むしろどうしたらこの空間を面白く使えるのか、どうしたらこの変わり者な場所を見せれるものにできるのか、空間というものをしっかり意識できたのもここがはじめてでした。
またここには多くの人が来ます。多くの人が多くのことを僕に教えてくれました。それはもちろんアートのことだったり、一般教養だったり 恋愛のことだったり 宇宙のことだったり 今食べたお菓子のことだったり…色々な人と出会い 色々な事を僕は想うようになりました。こんな場所を何か新しいことに向かっていく誰かに、何かくすぶっている誰かに 何か転機を与えられるようなSpaceにしていきたいと思っています。
どうぞみなさんよろしくお願いします。


やっぱり寺門君に引き継いで、間違いなかったなと、この文章を読んで思いました。

Space AFAをよろしくお願い致します。

僕は、少し離れた場所からSpace AFA、そして、キワマリ荘の今後を見て行きたいなと考えています。
[PR]
by r06-gallery | 2009-11-05 16:03 | asano | Comments(0)