人気ブログランキング |

アトリエルーツ06(茨城大学美術科の卒業生を中心に立ち上げられたアトリエ)に関する情報ブログです。
by r06-gallery


<   2008年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
春の宵<相川>
 先日の誕生会は、アットホームで楽しかったですね☆プレゼントが夢と現実のハーフでなんともいえず、面白かったです。引越し前、今の部屋の最後のよい思い出となりました。しばらくは、ネットができない環境になってしまうので、カーテンも無い部屋で書き込んでみました。ガラーン。個人的に、3月は片付けの月になってしまった。4月からは、制作復帰したいと思います。
by r06-gallery | 2008-03-30 19:14
祝 誕生日
昨日はアトリエの浅野さんの誕生日パーティを相川宅でしました。学生の頃のように持ち込みパーティです。
誕生日プレゼントは本人のきぼうにより、もちろんキャッシュです。
二十代最後の一年。
相川さんが昨日[浅野さんはなんだか二十代がながくかんじるよぅ~]とわけわからんことを言っておりました。
時間は均等に流れていますよ。さゆりさん!!

まあ、とにかくハピバースディです。
by r06-gallery | 2008-03-29 11:23 | atsuko
今日で終わり<浅野>
本日を持ちまして、然々野外展が終了しました。
ひたちなかまで足を運んで頂いて、本当にありがとうございました。
東京から来てくれた人もいましたし、(ありがとう、タム)頑張って新作を作った甲斐があったというものです。

これまでブログ上では作品をチラチラとしか見せて来なかったんですが、展覧会が終わったことですし、ドーンと見せたいと思います。

むかし話〔は〕
今日で終わり<浅野>_d0134853_22385033.jpg


むかし話〔に〕
今日で終わり<浅野>_d0134853_2240214.jpg


むかし話〔ほ〕
今日で終わり<浅野>_d0134853_22411637.jpg


みっつあわせて「むかし話〔はとにとほ〕」です。

終わり、といっても搬出は30にちなのでその日までは置いておく予定ですが。
とりあえず、ほっ。
by r06-gallery | 2008-03-24 22:52 | asano
春はあけぼの~とはいえ、今日は昼の一時まで寝てしまいました。12時間くらい寝てしまいました。ホントにいつまででも眠れそうでしたが、このままじゃいかん!と決心し、アトリエへ向かいました。


アトリエの某彫刻家が誕生日に石膏ボードがほしいとアトリエメンバーにねだったのにたいして、散々ありえないわ~、おわってるわ~、言っていた私でした。しかし、先日ホワイトデーのお返しに服を買ってやるという言葉に浮かれてジョイフル本田よこのファッションコートに向かって、小一時間みて結局、ホワイトキャンバス買ってもらった自分がおり、何とも言えない気持ちになりました。(でもホワイト繋がりでいいかなと思ったりする)
本日は、アトリエで、そんな想いのつまったキャンバスを組み立てました。

ガンバルゾ☆
by r06-gallery | 2008-03-23 23:06 | atsuko
茨大卒展感想<浅野>
昨日、県民文化センターに茨城大学の卒展を見に行きました。
茨大卒展感想<浅野>_d0134853_22322125.jpg


題して
「茨城大学教育学部美術科卒業研究展」
長い・・・
さらに大学院は、
「茨城大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修修了研究展」
もう何がなんだか。
まぁ、それはともかく。

今年の卒展は、かなり力作が多かった様に思います。
学部では、福島さんのこの作品が良かったです。
茨大卒展感想<浅野>_d0134853_22402028.jpg

トレーシングペーパーにペンとか色鉛筆で描いてあって、それが二枚重ねてあるんですが、文化センターの踊り場部分に飾ってあり、外からの光で透けてとても綺麗でした。
茨大卒展感想<浅野>_d0134853_22453864.jpg

今風だな~っていう。
伊藤存さんとかの感じに近いですね。

逆に、田村さんの作品は、今風じゃないですが、力作でした。
茨大卒展感想<浅野>_d0134853_22521132.jpg

さすが大学院だなぁ~という作品でした。


在学している頃から毎年卒展を見続けてますが、全体的なレベルが良い年と悪い年って交互にやってくる気がしますね。
去年は、あんまり良くなかったし、その前は良かった。
その前は、、、、という。

自分の年は、どうだったのか?
自分の前の年は良くなかったな、自分の次の年は良かった。
ん?どっちなんだ。
すでに勝手に立てた理論が崩れているようです。
まぁ、良し。

ともかく、今年の卒展は面白かったです。
まだの方は是非。
明日までですね。
by r06-gallery | 2008-03-22 22:59 | asano
時を忘れる時<浅野>
近頃は、溶接溶接溶接です。
久々に溶接をやってみると、失敗ばかりで溶棒をかなり無駄にしたんですが、もうカンを取り戻して、スムーズにバチバッチと出来る様になってきました。
まぁ、慣れた頃に怪我をしたりするので気を抜かないでやらないといかんのですが。

溶接って、久々にやると本当に面白い。
目の前で、溶棒が溶けて鉄と融合していく姿は、本当に魅力的だなと思う。
これだけで作品になりそうだと思うけれど、まぁ、そういうものは誰でも思いつくもので、だいたいが上手く行かないので手を出しませんが。。。
しかし、単純な楽しみとして溶接は本当に面白い。

必死になってやっていると、時を忘れてしまう。
気が付くと時間があっという間に過ぎている。
何だか気持ち悪いなと思っていると、考えてみれば、昼を食べ忘れている事なんかも普通にあるし。
(そのせいか分かりませんが、ここ数週間で2,3キロ体重が落ちた。)

でも、、、だからこそ、、、作品にはならないだろうなぁと思ったりする。
鉄を使っては。
作業が魅力的過ぎて、それ自体で満足してしまいそうだから。
これは、木彫も同様。

でも、自分が普段やっている作業は、そういう楽しさは無かったりする。
すぐに休みたいなと思っちゃうし、すぐお茶を飲みたくなる。
やたらと携帯が気になる。

だからこそ、逆に制作に向いているように思う。
作品が良くならなきゃやってられないからねぇ。
なんて。


今日は、久々に人がアトリエに。
会沢さんと相川さん。
一人で飲むよりも、三人で飲む方が珈琲も美味しいです。

頑張って、窯をつくりまぁ~す。
明日も溶接溶接溶接。。。。
by r06-gallery | 2008-03-21 01:03 | asano
静けさを内包する <相川>
 今週の週末は、結構いろいろなことがあったのですが(順に:引越しをするための家具の廃棄および片付け、磯さんと然々ランチ、一ヶ月ぶりに彼氏と会う、然々ライトアップを見てご飯を食べ帰宅、夜中デスメタルを考察しつつ常陸太田駅付近をドライブ、磯さんと彼と三人で皆楽園散策、まちの駅搬出、アトリエ会議、夜中はやたらに金縛りにあい、さすがに無理やり金縛りを解く術を身体があみ出し始める・・) 一番印象的だったのは、土曜日の昼間に然々店内から見た、野外展でした。ガラスを通して、またごはんを食べながら・・という特殊なシチュエーションに置かれて、作品、という見方を超えてどこか彫刻というものを見つめることができたような時間でした。思わずうごかしてしまう触角の通じる範囲から、突き放されることによって見えてくる状態といったらいいのかなあ。(出品作品が全て彫刻というわけではないのですが・・誤解がある言い方だったらすみません) そのときに、素材や形状に関わらず、彫刻は静けさを内包しているという感覚をとても強く感じました。またその感覚は、芯というものが存在することの証のようにも思えました。けしてアカデミックなはなしの裏づけをしたいわけでも、また逆にその意識の作用が自分の中にないわけでもないだろうけれど、素直なところで、とにかくそう強く感じたので、個人的に大きな一つの真実であり、また展覧会を見ての一感想でもあります。
 ここからは、然々野外展の感想をちょっと書いていきたいと思います。店内の展示も、かなりボリュームがあって、結構いかつい感じで、見る側としてはかなり贅沢な思いがしました。塊感がずしんとくる。ライトアップも場所のあり方というか条件を目の当たりにして、とても納得させられる企画ですね。アトリエの人については、浅野さんの大きな奥の作品とナマエちゃんの作品は、ライトアップした感じの方が好みでした。見え方が想像以上に違ったなあ。そして飯田さんのライティングが結構極端に片側からなのは、どういうあたりを狙っているんだろう?気になりました。夜は作品が見える席は満席でちょっと残念でしたが、おすすめパスタはおいしかったなあ。ナマエちゃんがその場で居たと、翌日知ってびっくりしました。
by r06-gallery | 2008-03-17 21:35
まちの駅みと、終了<浅野>
今日、まちの駅みとの撤去をしてきました。

いつも思う事なのですが、展示はなんだかんだと時間がかかるのに、搬出はあっという間に終わってしまうんですよね。
今日も、5時から搬出を始めて、5時半には完了。

終わって一息ついていると、金田君登場。
用事があってのこの時間なので、分かっちゃいるモノの「お前、狙ってンのか!」と言いたくなるようなタイミング。
さすが金田。

いつもなら搬出が終わるや否や、搬入展示が怒濤のように始まるので、ここからが本番という感じなんですが、今日は搬出だけ。
なんだかいつもと勝手が違って、、、不思議な感じです。

まちの駅の展示を振り返ってみると
1回目
まちの駅みと、終了<浅野>_d0134853_0252240.jpg



2回目
まちの駅みと、終了<浅野>_d0134853_0255454.jpg


そして、3回
まちの駅みと、終了<浅野>_d0134853_027412.jpg


毎回、展示を指揮している方も違うので、そういうのも影響しているのかもしてませんが、やはり見返してみると変化があるもんですね。
面白いです。

そして、何もなくなった、白い壁。。。
まちの駅みと、終了<浅野>_d0134853_0303310.jpg



搬出後は、アトリエで、会議。
まちの駅みと、終了<浅野>_d0134853_03118100.jpg


ルーツギャラリーの今後の予定、アトリエの新しいDMのデザイン等を話し合いました。
といっても、駄話に相当の時間を費やしたりもしてるんですが。
こんな顔しながらね。。。
まちの駅みと、終了<浅野>_d0134853_0325936.jpg

by r06-gallery | 2008-03-17 00:33
今日で終わり<浅野>
今日の午後5時からまちの駅みとの撤去です。

約3ヶ月半。

展示替えは、3回。

大変でしたが、勉強になりました。
でも、肩の荷が一つ下りたなと言うのが正直なところ。

まちの駅をやっての具体的な成果みたいなモンは、まだ見えてきませんが、何ヶ月後とかにもしかしたら何かに繋がってくるのかもしれません。

これまでもそうでしたから。

ともかく、最後まで気を抜かず、しっかり搬出してきたいと思います。
by r06-gallery | 2008-03-16 00:16 | asano
最近思い出した事<浅野>
最近は、然々野外展のことばかりだったので、たまには違う事も書いてみたいと思います。

やっと時間が出来たせいか何かと昔の事を思い出したりする事が多かったりします。
そんな時思うのが、

あの時、そうならなかったら、今はどうなってるんだろうという事です。
スピリッツで連載している柏木ハルコの「地平線でダンス」を読んだからでもないでしょうが。

一番大きいなと思ったのが、

最近思い出した事<続き>
by r06-gallery | 2008-03-14 00:04 | asano